外付けハードディスクを復旧してくれる業者|消えたデータ、諦めない

復旧は最後の砦

データ復旧を頼らなくてはいけない時

あらかじめ言っておくと、データ復旧なんかに頼ろうとしてはいけません。 それはもう当然です。パソコンを扱う人間ならデータの重要性は理解してバックアップは完璧にすべきです。 とは言え、これが理想論なのは重々承知しています。 だって私自身、ハードディスクが壊れかけて騙し騙しデータを移動させたことは一度ではありません。 途中でもうダメかと思った時にはデータ復旧サービスが頭をよぎりましたし。 まあそんな風にバックアップを心掛けているのは当然とした上でも、実際は中々上手く行かないものです。 だからデータ復旧サービスは最後の砦とは言え、有り難いサービスではあります。 普段ぞんざいに扱っているパソコンでも、一度失ったらとんでも無い事になるデータが入っている訳ですし。

最後の砦である二つの理由

データ復旧サービスが最後の砦なのは主に二つの点です。 まず高額です。これはしょうが無いと理解してても高額です。 まあハードディスクなんかは精密機器中の精密機器な訳ですから、これを分解して読み取ろうなんて芸当が高額なのは当たり前。 だから料金がかさむのは当たり前なんですが、バックアップしてなかった事を激しく悔やむほどお金がかかります。 でも大切な情報には代えられないと、まるでブラックジャックに治療を頼むかの如く頼るしかありません。 そして問題の二点目。 残念ながらブラックジャック程の成功率が見込めない事が挙げられます。 そりゃそうですね。だって壊れてるんですもの。 だから本当にデータ復旧は最後の砦として出来る限り頼らないようにしなくてはならない訳です。 とは言え、一昔前のデータ復旧サービスが無かった時代と比べると今は本当いい時代です。 昔なら敗者復活みたいな事は出来ずに、本当に取り返しが付かなかったのですから。